モスクワからウラジオストクに列車「皇帝のロシア」は動かされた。

2016年8月08日

モスクワからウラジオストクに列車「皇帝のロシア」は動かされた。

会社ロシアの鉄道ツアーはモスクワからウラジオストクに特別列車「皇帝のロシア」を動かした。これについて同社の公式ウェブサイトは報告した。

列車は皇帝のインテリアのスタイルで装飾された高級車から構成された。また列車にはバー、食堂車やピアノのサルーンがある。

最初の列車は「皇帝のロシア」は7月24日にモスクワから発車した。ツアー15日間のコストは二人用のコンパートメントで収容に一人当たり5150ユーロに成った。最初の旅行の時に外国人観光客は新しい列車の乗客になった。

特別な回遊のプログラムはツアーの参加者のために設計された。モスクワでクレムリンの回遊、アルバート通りを散歩、いくらか地下鉄駅を訪問はあのひとたちのために組織された。カザン市でマスタークラス「タタール料理の秘密」や都市の歴史的更新した中心部の名物と知見、エカテリンブルク市でロマノフ王朝に捧げられた観光のプログラムは準備された。

ノボシビルスク市でツアーの参加者はオペラとバレー劇場、イルクーツク市で19-20世紀の建設が再建したイルクーツクのスロボダ街区を見た。

また、観光客はリスツビャンカ村落の側に世界で最も深い湖を見ることができ、バイカルの環状鉄道を通過し、イボルギンスキイの仏教の僧院大学とウランウデ市でブリヤートのパオを訪問し、ハバロフスク市でマツリョシュカ人形の塗装に参加し、ルートの最後にウラジオストク市で観光をする。

ツアーは8月6日に終了する。 8月3日から15日までツアーはウラジオストク市からモスクワまで反対方向に行われる。