中国、日本、メキシコ、シンガポールは、ウラジオストクのビザ制度を積極的にマスターしている。

2018年11月07日

中国、日本、メキシコ、シンガポールは、ウラジオストクのビザ制度を積極的にマスターしている。

 

先週、略式のビザ制度の助けを借りて沿海地方に到着したゲストは、中国、日本、メキシコ、シンガポールの住民でした。

ロシア連邦保安局の沿海地方の国境部門は報告したように、過去7日間で、電子ビザのおかげで、沿海地方の領土には、およそ1千800人が入国しました。これは、中国人の約750人、日本人の約150人、シンガポールとメキシコの2人の住民です。

また、昨年8月からインド(40名)、北朝鮮(32名)、サウジアラビア(16名)、トルコ(7名)、アルジェリア(5名)、イラン(4名)、アラブ首長国連邦(3名)、モロッコ(3名)、クウェート(2名)は新しいビザ制度で沿海地方を訪問しました。

2017年8月1日から略式のビザ制度により外国人はロシアに入国することができる連邦法が発効しました。ウラジオストクの自由港を訪れる市民のための行動のアルゴリズムは非常に簡単です。訪問の前に4日以内に特別なウェブサイトで電子ビザを申請する必要があります。

沿海地方の9検問所で新しい機序でロシアに入ることができます。これはクネヴィチ空港、海の検問所ウラジオストク、ザルビノとポシエツ、鉄道の検問所ポグラニチニイ、ハサン、マハリノ、そして自動車の検問所ポルタヴカとツリイログです。

わが国にとって革命的な新しい機序は、極東の観光の引力を高め、全体に地域の発展に影響を与えます。