日本のビジネスマンは沿海地方における投資プロジェクトに興味を持つようになりました。

2017年6月28日

日本のビジネスマンは沿海地方における投資プロジェクトに興味を持つようになりました。

沿海地方に福岡県の中小企業家協会の代表団は来ました。アレクセイ スタリチコフさん国際協力局長は日本のビジネスマンと会っていました。会談の主要な課題は、地域間の協力の可能な分野となりました。

今ロシアと日本の関係は発展の全く新しいレベルにあって地域間協力に重視されるときに県のビジネスマンは、沿海地方に投資に大きな関心を持ちますとくど よしつなさん福岡県の中小企業家協会の国際協力協会委員会長は言いました。

「私たちはあなたの地方を見て現地に協力の可能性を認定するために特に来ました。

大企業とは違って多くて早く決定して地域で共同の長期プロジェクトの実施を開始するために準備した中小企業のコミュニティの最も活発な代表者はビジネスミッションに参加します。」とくど よしつなさんは言いました。

ロシアと日本のリーダーの政治的決定に応じて沿海地方で日本の会社と共同してウラジオストクの整備と地方で平均寿命の増加の条件を造成に向けるプロジェクトは実行されます。私たちは積極的に鳥取県、島根県、新潟県、富山県、大阪府と協力を発展します。今年は、この地域と友好の25周年を祝います。福岡県と関係は十分に発展されていなかったが、沿海地方で地政学的、インフラストラクチャ、法務、人的資源の協力の境界を拡大のために可能性は形成されましたとアレクセイスタリチコフさんはお客様に報じました。

そして国際協力局長は会合に存在するそれぞれビジネスマンにビジネス協力の特定の思想を提示しました。これは、ガス、石油精製、ミネラル肥料の生産、液化天然ガスの生産、観光業の発展、小規模発電などの分野のプロジェクトについてでした。交渉中には沿海地方で投資家の支持の機構の機能に関連する問題に特に注意されました。ウラジオストクの自由港や優先開発の領土についてお客様に詳細にアリーナポドシンニコワさん沿海地方の投資庁の次長は述べました。

双方はこの会合が沿海地方と福岡県との間に長くて甲斐のある協力の始まりになると確信を表明しました。

参考:福岡県は、日本海の方に九州の島の北部に位置しています。地域の面積は4978,51平方キロメートル、約5万人の人口です。

県内の産業や研究の主な方向は、情報通信技術、自動車、バイオテクノロジー、環境技術、ナノテクノロジー、ロボット工学に関連する産業に集中しています。