日本のホテル事業の大きいオペレーターは、沿海地方でホテルの建設を予定する。

2016年10月14日

日本のホテル事業の大きいオペレーターは、沿海地方でホテルの建設を予定する。

日本のホテルの大きいオペレーターは、ウラジオストクでホテルの建設の可能性を考慮しています。詳細は沿海地方の副知事セルゲイ‧ネハエヴさんと日本の財界の代表者の会議で討議されました。日本方から株式会社ホテルオクラの社長荻田としひろ、大型の建設会社ごよけんせつの共同所有者水野やすひろ、Asia Pacific Legal Officeの幹事会長さおとめこいち、Owl Hong Kong Ltdの常務取締役は参加しました。ロシア方から沿海地方の行政、極東開発省、極東とバイカル湖東岸地方の開発財団、沿海地方の投資局、さまざまな開発の機関の代表者は参加しました。当事者は、自由港の枠内で労働の条件、ホテルのサービスの市場の状態や沿海地方における観光分野の発展の展望を討議しました。

沿海地方の副知事セルゲイ‧ネハエヴさんは、沿海地方に来る観光客の数は、過去3年間で急速に成長していることが、成長の速度は全国平均量よりも数倍で超えると述べました。この傾向は、専門家によると、ウラジオストクの自由港の略式のビザ制度に関する規則与えられ、維持され、倍加します。

「沿海地方はアジア太平洋地域の国々、ロシアの他の地域まで観光客の流れを蓄積し、再配布する能力がある観光ハブとしての地位を配置する。開発のこのモデルは、連邦のレベルの上に観光連邦機関で維持されたから私達は観光、交通のインフラストラクチャーに従事します。沿海地方はアジアにおける欧州の飾り窓になる。ロシアの最大の博物館(エルミタージュ、ロシア美術館とトレチャコフ美術館)の支店は開館します。すでにマリインスキイ劇場の第四舞台、有名なワガノワのバレーのアカデミーの支店は開設させました。以上のすべては、沿海地方の観光の引力の成長に寄与し、また数は、この傾向(ビジネスや観光の目的でフローの成長は32%です)を確認します。」と沿海地方の副知事は言いました。

ウラジオストクはロシアの第二領事の首都とロシア極東で会議や展示会の活動の中心です。主要な国際的なイベントの間に都市は、特に高い等の部屋のホテルを欠如しています。ホテルの埋めは平均して近年49%から56%まで増加しました。

「株式会社ホテルオクラの管理では80ホテル(4-6星)、日本に50、外国に30で、それらの中に5は、建設しています。株主は日本の証券取引所に上場した100会社以上です。」と株式会社ホテルオクラの社長荻田としひろは告げました。

「私達のネットワークにはいくつかのブランドがあって独自のレストランは独特です。各オクラホテルに日本、中国、ヨーロッパのレストランがあり、我々はそれが重要であると考えている。我々のスローガンことは「最良のサービスと料理」です。我々は、ウラジオストクのホテルの建設のオプションに興味を持っている。我々は適宜の敷地を検討に準備した。」と荻田としひろは言いました。

 

ユリヤ‧シャチナ, shatina_YS@primorsky.ru,

写真 –イゴリ‧ノヴィコフ (沿海地方の行政)