日本人は沿海地方にある交通機関のハブを構築したいです。

2017年6月28日

日本人は沿海地方にある交通機関のハブを構築したいです。

ウラジオストクでモダンな交通機関のハブを日本の投資家は構築の用意ができています。

はなおかひろふみさん国土交通次官を団長とする専門家の代表団は、6月6日にウラジオストクに将来の建築用地の位置を視察しました。

国土交通省の代表団は、ウラジオストクの都市環境の開発に関する日露の業務グループの会合に参加するのために沿海地方に到着しました。日本のパートナーはロシアと日本のリーダーの協定の枠内でこの作業に参加しています。国際協力局長と交通道路施設局長はお客様に鉄道駅や海上ターミナルを見せました。また代表者は、市内の道路や鉄道交通知り合いました。

共同プロジェクトの枠内で土地と水の輸送を含む現代的な交通機関のハブを作成は計画されているとヴォラジミルレシェツニコフさん交通道路施設局の次長は言いました。プロジェクトの主な目的は、乗客の流れからウラジオストクの中心をアンロードして近代的で便利な交通インフラストラクチャを作成です。このプロジェクトは、半島エゲルシェルドの方向に都市の駅から交通の流れを連れ去る道路歩道橋の建設を想定しています。

日本の営業はウラジオストクで交通機関のハブを作成だけでなくまた、「スマート」交通信号、近代的な駐車場、休息の地区を建設の予定するインフラストラクチャを作成を計画するとはなおかひろふみさんは言いました。

「私たちの国は、互いに隣に位置するから私たちは面白くて現代的なプロジェクトの実施を通じてウラジオストクの開発に興味を持つようになります。このすべては、両国の観光産業の発展につながります。日本は有名なオリジナルの都市の開発プロジェクトを提供し、公共資本および私有資本を実施に投資の用意ができています。」と日本の代表団長は言いました。

ロシアのプーチン大統領に沿海地方における第二東経済フォーラムで、安倍晋三首相はウラジオストクを楽な都市でありを勧告しました。ウラジオストク市地区のマスタープランの実施に関する契約は、日本の建築やエンジニアリング会社日建設計株式会社と住宅の分野における単一開発施設基金の間で署名されました。共同プロジェクトは、ウラジオストクのマスタープランと同期されます。

現在ウラジオストクの都市環境の開発に日露の業務グループは、プロジェクトを決めました。これはゴールデン橋の下に魚市場、市内中心部で駐車場を建設、下水処理場の完了、「スマート」交通信号のシステム、ウラジオストクの植物の地区の改善、遊歩道の地区「健康の道」の延長、エコロジー建物の建設や「専門工場1号」廃棄物焼却工場の改造です。

今日は、日本代表団の代表はまた崎ブルニイの上にホテル「ハイアット」、市内中心部、文化の対象、公園及びその他の対象を訪問しました。具体的な提案は、業務グループの次回会合の時点で6月7日に協議されます。

エブゲニイコワリョフ, kovalev_ev@primorsky.ru