沿海地方に観光客の流入は増加を続けています。

2018年7月14日

沿海地方に観光客の流入は増加を続けています。

 

沿海地方はロシア極東で最も人気のある観光の地域です。毎年、沿海地方に外国の旅行者の関心は顕著に増加します。観光客の流入の指標は明らかにこれを確認します。今年の6ヶ月間、沿海地方を31万5千500人の外国人が訪れ、25万4千400人の観光客が訪れました。増加は19%であった。沿海地方の観光局で報告されたように、到着した旅行者数の第1位は伝統的に中国を占めました。 1月から6月まで、観光目的で16万3千200人を含む約19万人の中国人がこの地域に入りました。前年同期と比較して、指標は14%増加した。韓国は第2位観光客の流れであり、第1位は成長率である。この半年には、この国から7万3千200人の訪問者が訪れ、7万1千人以上の観光客として訪れました。沿海地方の観光局は、観光客の流れが、昨年上半期と比較して2倍以上になったと報告している。また、ドイツからの観光客の流れは積極的動態を示しました。昨年上半期間に観光目的での102人を含め、この国の169人の市民は地域を訪問したが、今年に地域を直接観光客に637人を含む約700人は訪問しました。指数は6倍に増加しました。フランス、インド、タイから観光地で大きい成長が記録されました。

今年6月に出版されたフォーブスポータルによると、ウラジオストクは外国人が行った取引量において、ロシアの都市のリーダーの1つになっている。貯蓄銀行の統計によると、2018年の第1四半期に中国の観光客が主に使用する中国連合支払カードの購入額は、ほぼ10億ルーブルに達しました。サンクト・ペテルブルク、モスクワ、ウラジオストク、イルクーツク、ハバロフスク、ウラン・ウーデなど、購入した最も人気のある都市の中にあります。ウラジオストクは1万1千ルーブル以上の支出のすべてについて、国の中位の伝票の最高額を登録したことは注目です。

沿海地方に観光客の流れは毎年積極的に成長しています。 2017年に国内および入国方向の合計増加は30%でした。この地域を350万人以上のロシア人客と約62万人の外国人観光客は訪れました。

観光客の流れを増加に重要な役割は、18国の市民にその地域へ入国のための電子ビザを簡単で迅速に権利を与える昨年8月にウラジオストクの自由港の領地に導入された簡素なビザ制度を設定です。今日、ほぼ1万8千人はこの機会を利用していました。