沿海地方の観光情報センターは2016年にロシアと外国の両方の観光客を訪問することをお勧め 16場所のリストをを作成した。

2016年1月11日

  1. ウォロシーロフ要塞(地域:ロシア島)     

    要塞はノビクベイの内側部分の南西の海岸から400メートルからロシア島の南部分に位置している。要塞は3銃それぞれ持つ2つのタワーで構成されている。要塞の歴史は非常に面白いだ。

    1931年国防委員ウォロシーロフは要塞の作成の案を承認し、わずか二年後要塞が建てられていた。

  2. シャーモラベイ (正式名称はラズールナやベイ)(地域:ウラジオストクの周辺)

    シャーモラベイ (正式名称はラズールナやベイ)は沿海地方におけるウスリー湾である古い中国のベイの名前だ。中国語から「砂漠」を意味する。シャーモラベイはウラジオストク住民や観光客に人気な夏の目的地だ。海岸に休日の家やリーゾトが沢山ある。特定の時間にシャーモラベイの専門家は最も厳しい禁止にもかかわらずホタテ、ムール貝、ナマコを捕まえる。

  3. リヴァディアのピダン山 (地域:シコートフスキ)

    リヴァディアのピダン山は沿海地方の最も神秘的な山だ。ピダン山について神秘的な伝説やピダン山に名前の歴史や物語が何百もある。ピダン山はほとんどの地方における観光客の頂点が訪問される山だ。

  4. パレオ村のプロジェクト

    プロジェクトは沿海地方の考古学と民族誌の過去の研究のための教育のプラットフォームとして2006年にスタートした。パレオ村に古代と新石器時代と鉄器時代と中世の家や夏の納屋を提示した。

    家に本格的な成果物のブースやアイテムのレプリカや新石器時代の住居における古代の人々の2つ彫刻や犬とハンターの彫刻などがある。

  5. サファリ・パーク(地域:シコートフスキ)

    サファリ・パークの主な目的は苦痛のタイガ動物、すなわち孤児、野生で暮らすことができない病気、負傷した動物を助けるこただ。「サファリ・パーク」は捕食動物パークや有低類パークやトラや鳥のパークが含まれている。サファリ・パークの動物は過去の成功リハビリを回収し、自然の生息地に戻る。

  6. 古代地域スイべン(エメラルドバレー歴史公園)(地域:ウスリスク市地区)

     古代地域スイべンは今ウスリスクの都市であり、沿海地方の歴史に特別な役割を果たした。

    スイべン近所は異なる時間の歴史的建造物が豊富で、その中の特別なもなは考古学的建造物だ。

    歴史的建造物の遺跡の濃度から判断するとこの地域は九-十三世紀における国家として有名であり、地域の以前の時点で最も人口の中心地のひとつだった。


  7. シコートフスキ滝(地域:シコートフスキ)

    「ネオジーダニ滝」と「チゴロウィー滝」と呼ばれているシコートフスキ滝は沿海地方のシコートフスキ地域にある。「ネオジーダニ滝」はシホテアリンの南部の最も美しい滝と考えられている。ステ久リャぬーハ川のレーウィ・ゴルバ-トフの支流に位置する。

  8. スポーツ・技術コンプレックス「プリム・リング」(地域:アルテーミウシク市地区)

    スポーツ・技術コンプレックス「プリム・リング」は自動車、オートバイ及びその他の技術的なスポーツのための様々なスポーツ活動と同様にロシアの極東の観光の中心地とスポーツ首都として沿海地域の開発に設計されている。

  9. リヴァディア(リーフォヴァヤベイ)(地域:ナホトカ市地区)

    リヴァディアは都市の村で、ュジーノ・モルスコイの都市の村とナホトカ市の郊外で、ヴぉストックベイに位置する。リーフォヴァヤベイにいくつかの砂浜の海岸がある。リーフォヴァヤベイと隣にリヴァディアの最大の淡水湖がある。いくつかキロに広がっている素敵なビーチはベイの特徴になっている。

     
  10. 岩のセットドラゴンのパーク(地域:ナホトカ区)

    チストヴぉドノエ村にはドラドンの岩のセットがある。35平方キロメートルの面積にタイガ山頂から巨大な岩を突き出している。遠くから見ると、岩は一つの岩の城になる。近くから見ると、その岩にドラゴンとわにと亀の彫刻を見られる。高さは頭から尻尾までの長さが8メトルから1000メトルになる。

  11. 黒い砂のビーチ (地域:ハサんシキー)

    黒い砂と呼ばれているビーチはザルビノ村から遠くないアレウとベイにある。ビーチは火山黒砂から作られている。火山黒砂は健康に良いと考えられている。黒い砂のビーチと近くにロータス湖がある。

  12. ヴィチャジべい(地域:ハサんシキー)

    ベイは非常によく地理的に位置している。強い海のうねりから保護されている。べいは豊かな歴史がある。ベイに軍がその戦略目標のためにイルカを訓練し技術研究所と残った

  13. クラフツォフー滝(地域:ハサヌシキー)

    クラフツォフー滝は五つ滝のカスケードだ。その中にキッド、ロックボウル、悪魔の口、ステップ、クリスタルだ。クラフツォフー滝は天然記念物のリストに(1984120日)入って、法律によって保護されている。クラフツォフー滝はそんなに高くなくて、それぞれの高さは46メトルだ。しかし、滝は非常に美しいだ。特に秋のシーズンに美しいだ。

  14. 国立公園「ヒョウの土地」(地域:ハサヌシキー)

    総面積は169429ヘクタールだ。国立公園「ヒョウの土地」は2012年に沿海地方で極東ヒョウとシベリア虎の個体数を維持するために作成された。国立公園に「シーダーパッド」の予備とがヒョウの予備が入っている。極東ヒョウは国内および国際的なレッドブックに記載されている。

  15. ハンか胡 (地域:ハンカイスキー)

    ハンか胡は沿海地方の一番大きなこで、ハンカ低地の中央に、中国の黒龍江省の国境にある。

    湖の北部は中国の領土に属する。湖の形状はなしで、その北部が広がる。湖は多様な動植物がある。1996年4月にロシア連邦と中華人民共和国政府との間でロシアのハンカ予備と中国の「しんかい湖」予備に基づいて国際ロシア・中国の「ハンカ湖」予備の設立の契約を締結された。

  16. ペトロフ島(地域:ラゾフスキー)

    ペトロフ島は沿海地方の沖で、日本海の北部に位置している。アレクサンダー・ペトロフはロシア海軍の将校だった。ペトロフ島はイチイの遺存の木の木立が保存されたユニークな場所だ。科学者たちによって、ペトロワ島のイチイの木立の樹齢は約1200年だ。 ペトロワ島のイチイの木立は自然に保存されていたか、または木が人工的に植えたか誰も知らない。いくつかの理論によると、この島はかつてカルト場所だった。ペトロワ島は十一-十三世紀の強力なジュルチェンの黄金の帝国の最後の砦と考えられている。