• конкурс
  • АТП
  • Администрация приморского края
  • Раша травел
  • Аудио гид
  • топ тип

Пн Вт Ср Чт Пт Сб Вс

沿海地方は、ロシアの東環で観光ハブの役割を果たします。

08 9月 2016

沿海地方は、ロシアの東環で観光ハブの役割を果たします。

第二東経済フォーラムでプロジェクトに関する契約の締結に基づいて沿海地方は、ロシアの東環で観光ハブの役割を果たしますと沿海地方の知事ウラジミール‧ミクルシェヴスキイさんは言い立てました。

文書は、共同して世界市場で地域間のブランドを促進するために、シベリアと極東の12地域、文化省と観光連邦機関の意図を固定しました。

ロシアの東環について文化省、観光連邦機関、シベリアと極東の12地域(サハ共和国(ヤクート)、ブリヤート、バイカル湖東岸地方、カムチャッカ地方、沿海地方、ハバロフスク地方、アムール州、イルクーツク州、マガダン州、サハリン州、ユダヤ人の自治州、チュコート自治区)の知事は協定しました。

東環のプロジェクトは極東地域のユニークな観光と自然の潜在能力を合併します。これは積極的に市場で売れ始めた複合の観光製品ですと文化大臣ウラジミール‧メディンスキイさんは言いました。

観光連邦機関長オレグ‧サフォノフさんによると、沿海地方は、このプロジェクトにおいて重要な役割を果たしています。

「沿海地方は、アジア太平洋地域に私たちの国の門であって、沿海地方は自由港です。略式のビザ制度は不要な手続きなくウラジオストクに来ることを可能にし、その後、極東の他の地域に旅行するようにユニークな機会があります。沿海地域へ観光のフローの成長の傾向は存されます。」と観光連邦機関長は言いました。

 昨年より9月まで沿海地方の観光のフローの成長は(中国の人観光客のだけ)65%を算しました。韓国、香港からの観光客の増加があり、数字は非常に良いで一年の終わりにさらに多くなります。したがって、このような非常に興味深くて高品質な大量の製品「ロシアの東環」を作成は、適時と需要ですと長オレグ‧サフォノフさんは結論として言いました。

「このプロジェクトに沿海地方は有利な地理的位置とウラジオストクの自由港の略式のビザ制度を考慮して観光、交通機関のハブの役割を引き受けます。パッケージの観光製品を作成はもっと多い観光客を誘致し、沿海地方は、他のロシアの地域へ観光客の流れを蓄積して再配布するハブに成ります。極東は、様々な自然の条件と文化的伝統で興味深いで豊かな民族の多です。私はほとんどどこでも旅行し、「ロシアの東環」を旅行は海外旅行に相当な代替です。と沿海地方の知事ウラジミール‧ミクルシェヴスキイさんは言い立てました。

当事者は共同して国際市場でユニークな観光製品を促進することに合意しました。また、契約は文化省と連邦観光機関の連邦の目的プログラムの枠内で

ロシアの東環のプロジェクトの融資を前提とします。

最初にロシアの東環のプロジェクトは、2016年5月に沿海地方で開催された第2回太平洋観光フォーラムで提示されました。