沿海地方は、観光を促進のために極東連邦区のリーダーと命名されました。

2016年9月24日

沿海地方は、観光を促進のために極東連邦区のリーダーと命名されました。

沿海地方の観光情報センターは23日-25日9月にハバロフスク市で開催されたセミナー「地域のマーケティング」でこれのプロジェクトを提示しました。

沿海地方の観光情報センター長ダリヤ‧グセワさんは会議が地域と相互作用

や作業すべき開発の側面を検出することの点で非常に有用であったことを通知しました。

「地域のマーケティングは観光の向きとして地域を促進するのために任意の戦略的計画に基礎です。我々は単一の地域なく、全部で極東を促進に興味を持つから、この会議で専門家は、極東連邦区の地域の総合的促進のため計画の戦略を討議するはずです。そこでは、まんまと自身を提示し、欠陥を見付けることができました。我々は、高いレベルの専門家が私たちのプロジェクトと全体として開発の戦略を行儀よく評価することを聞いて喜んでいました。我々は沿海地方よりハバロフスク市の若者、特に生徒がもっと地域のイメージの改善の過程に関与に気づきました。それを超えるように我々は努力が必要であります。」とダリヤ‧グセワさんは言いました。

 

セミナーで沿海地方の観光情報センターの指導部は、聞き手にプロジェクト「親切な沿海地方」、オートラリー「地域の通俗化や促進の手段として沿海地方の7奇跡」、「太平洋観光フォーラム」を提示しました。すべての3レポートに沿海地方の観光情報センターは、指名「地域の発展のために独自のプロジェクト」に証明書を受け取りました。

別に、課題「ロシアの東環:開発や沿海地方に促進」について演説に観光情報センターはテーマ「ロシアの東環」に関して観光のプロジェクトの実施に特別な貢献に証明書で授与されました。

第2回太平洋観光フォーラムの枠内で開催された国際観光展示会(PITE)で沿海地方は、プロジェクト「ロシアの東環」に含まれる地域の合同の展示会を提示しました。

「プロジェクト「ロシアの東リング」について演説して私は共同の観光ルートを設立する時間だと言った。プロジェクトの正しい提示を通じて国際的な展示会で観光客がもう気がある。今、彼は特定の製品を待って、我々はそれを提供することができます。」とダリヤ‧グセワさんは言いました。

沿海地方の観光情報センターは、沿海地方とサハ・ヤクート共和国が参加するルート「虎のダイヤモンド」を作成しました。製品はすでに外国人観光客の間で人気を取る。

また、セミナーで沿海地域と連携に関心を表明しチタ市の仏教僧院大学「ダムバ・ブライブンリング」の喇嘛僧ラヅナ・ドロジョさん(バイカル湖東岸地方)は演説しました。沿海地方の観光情報センター長ダリヤ‧グセワさんはラヅナ・ドロジョさんを第三太平洋観光フォーラムに参加に招待し、地域間の観光のルートの共同の作成を開始することを提案しました。

ハバロフスク地方からの同僚は私の演説の途中で沿海地方の準備を賞賛し、

地方を観光製品の促進の観点から極東連邦区の最も活発な領土で命名しました。

沿海地方の文化省観光局の分析作業と観光活動の組織部長バレンチン・ネレチンさんはハバロフスク地方とアムール州と一緒に沿海地方は極東連邦区のほとんどの先進観光の地域の三リーダーの一人であると言いました。全部これらは観光業の発展の連邦の目的プログラムに参加にもかかわらず、沿海地方は、今日もっと積極的に現します。

経済学と法のハバロフスク市国立大学のマーケティングと広告講座の教授タチアナ・ザハロワさんは彼女のレポートでまた、沿海地方は国際的なイベントを開催にたいしてハバロフスク地方から機先を制して自分の立場を強めましたと意見を述べました。

沿海地方の観光情報センターは、「イベント観光の国立賞RussianEventAward」地域の予選で第一位を占めました。最終的な競争はヤロスラブリ市で13日-15日10月に開催されます。あそこに沿海地方の観光情報センターは、最良のプロジェクトを提示し、ロシアに第一位をめざして戦います。