沿海地方は国家観光ランキングのリーダーグルップに入った

2015年12月09日

沿海地方は国家観光ランキングのリーダーグルップに入った

専門家によると観光エリアとして開催され、観光の発展が優先順位になるロシア連邦の科目はリーダーになってきた。

国家観光ランキングのロシア地域のリーダーに沿海地方がある。「評価」という情報通信研究センターと「ロシアの休暇」の雑誌も沿海地方の位置を確認する。ЕНВはRussia-Rating.ruを引して、国内および外国人観光客の間でロシアの地域と人気の観光魅力に関する研究に基づいてランキングが作られたことを述べる。

地域別観光格付けを定義する専門家は9基準に設立された考慮に旅行サービスの売上高、環境、犯罪、交通機関や社会インフラの整備、インターネット上の観光ブランドとして地域の人気などを取った。

地域のランキングの最初のグループに1から16位までに50ポイントのしきい値を克服した地域が入った。クラスノダール地方は 70.9合計ポイントと受け、第一位を取った。報告書はクラスノダール地方はロシアのヨーロッパの一部のリゾートと最も措置により絶対的なリーダーのを述べる。次のはサンクトペテルブルク(63.2ポイント)とモスクワ(60.7ポイント)だ。サンクトペテルブルクとモスクワにユニークなオブジェクト、および国際的な展示会で昇進し、ホテルの十分な数などがある。その後クリミア、モスクワ地方、カリーニングラード地域、カレリア共和国、ヤロスラヴリ地域、ニジニノヴゴロド地域とアルタイ地域の共和国だ。サンクトペテルブルクとレニングラード地域とカリーニングラード地域は外国人観光客の間で大人気だ。

沿海地方は51ポイントと受け、第十四位を取った。リーダーグループはカルーガ(50.9ポイント)とプスコフ(50.4ポイント)の地域を閉じる専門家によると、リーダーグループに入ったロシア連邦の科目は観光客「エリア」を開催されたのだ。リストである多くの地域に観光は優先順位が表示される。