• конкурс
  • АТП
  • Администрация приморского края
  • Раша травел
  • Аудио гид
  • топ тип

Пн Вт Ср Чт Пт Сб Вс

沿海州におけるエコツーリズムの開発

20 2月 2017

沿海州におけるエコツーリズムの開発

ウラジオストクでは2017年5月18日から21日までに第三太平洋観光フォーラムを開催する。議論の主要なトピックの一つは沿海州におけるエコツーリズムの開発になる。

コンスタンチン・シェスタコフ観光部門のディレクターによるエコツーリズムの開発の議論は両方のロシアと外国人専門家の参加を得て円卓会議で開催される。

エコツーリズムは世界の観光産業の中で最も急速に発展している産業である。特別自然保護地域のおかげで沿海州は多くの観光客を誘致することができる。沿海州では世界の最も大きな捕食猫はアムール虎や極東ヒョウが生息している。

これらの地域への観光や遠足ルートの組織は動植物に悪影響を及ぼさないようにバランスを取ることが重要だ。これを行うために保護地域でやっている世界観光活動組織化の実施を頼りにするべきだ。フォーラムには観光活動に効果的な戦略と戦術を開発するために専門家が経験を交換し、この地域の発展の現実を議論することができるとコンスタンチン・シェスタコフ観光部長は言った。エコツーリズムは自然の魅力を眺めだけでなく、沿海州の自然資源の保全にコールであるとシェスタコフ観光部長は強調した。シェスタコフ様によって、エコツーリズムの開発に必要なパートナーシップの種類を議論し、人員の問題を開発される。そして、沿海地域におけるエコツーリズムの発展に向けた立法と組織的対策も議論する。重要な問題はエコツーリズムの発展に地域住民の関与や観光施設へのアクセス可能になる。

ロシアでは2017年にはエコロジーのと保護地域の年を宣言した。沿海州の観光情報センターの従業員によると、エコツーリズムが今年のテーマになったから、特に人気になるだろう。

当社の従業員は沿海州の自然保護区と保護地域を訪問する観光客にすでに有用な情報を持っている。私たちのスタッフがエコルートの計画を支援することができる。自然保護区は沿海州領土の約20%を占める。沿海州にはユネスコの世界遺産のシホテアリン山脈がある。ヨーロッパからの観光客に沿海州に来る重要な理由になる。沿海州にはロシアでは唯一の「海洋生物圏保護区」とユニークな「ヒョウの土地」と言う素晴らしい場所がある。また、世界で唯一のペトロワ島である島のイチイのの木立もある。限定されたものの、観光客へのアクセスが可能がある沿海州にはその他の美しい場所もあるとダリヤ・グーセヴァ沿海州の観光情報センターの社長は言った。2017年に観光情報センターはジャーナリストやカメラマンのためのスタディツアーの組織の支援を提供するとグーセヴァ社長は付け加えた。

沿海州には13の自然保護区や3つの国立公園や植物園や湖や滝と含めて約900天然記念物が位置している。

沿海州には去年ハサン地区でナルヴィンスキー道路575メートルにトンネルが開通した。この場所では歴史的に極東ヒョウの移動経路があった。