沿海州における海観光は観光の発展にドライバになる

2017年2月20日

沿海州における海観光は観光の発展にドライバになる

近い将来沿海州における沿岸水域のツアーは観光産業の発展に強力なドライバーとなるとユーリ・リャブコ沿海州のパワーボートスポーツ連盟の会長は言った。ウラジオストク自由港住民の一つは沿海州における小型ボートの旅客輸送に最初のライセンスを受けたとリャブコ様は述べた。

沿海地方では観光動向の開発の見通しは明らかである。約38000小型ボートがあり、このタイプのお休みの需要が非常に高いだ。沿海州ではその分野のリーディング専門家の一人としてリャブコ沿海州のパワーボートスポーツ連盟の会長は立法への適切な調整を行う必要性の問題を提起した。昨年の観光産業発展に政府決議発効は最も重要なイベントの一つになった。政府決議は小さなボートによる乗客の輸送に商業活動のライセンスをを発行する可能にした。

リャブコ連盟会長によって、小型ボートを使用して、商業旅客輸送のライセンスは最初のステップになり、重要な問題は小さな海上旅客輸送開発に適切なインフラの構築が残る。そのインフラストラクチャは桟橋の改修と建設のと安全な着陸と下船の条件組織も含む。洋観光産業の発展に観光ルートマップの作成と承認や快適な待合室と観光チケットオフィスのネットワークの構築や新たな観光商品の開発のも必要がある。

例え、2017年の東アジア経済フォーラムの準備中に「ルースキー島株式会社」ウラジオストク自由港住民は本土と島を結ぶす定期的な小型ボートの海上運送のコンセプトを開発した。そしてチケットオフィスを置くのと水陸両用バスを備えたユニークなアトラクションの実装の概念を提案した。水陸両用バスは乗客最大限の安全に乗り換えせずに土地と水で旅行することができ、観光客だけでなく、沿海州の住民にも興味深いものになる。沿海州における新たな産業の開発にビジネス、地域や市当局との相互作用が必要がある。それでも、地域法律行為をアップグレードすることが必要である。水陸両用アトラクションの成功打ち上げに沿海州のアトラクションの登録と会計との順序を変更する必要がある。以前にはこのようなレベルのアトラクションは沿海州ではなく、全ロシアにも登録されなかったとリャブコ連盟会長は述べた。

ウラジオストク自由港の社会・経済の発展を促進する使命を理解することは政府のあらゆるレベルで複雑なタスクを解決されるとリャブコ連盟会長は強調した。例えば、沿海州の行政は積極的に州のスポーツ活動の支援に携わってきた。このようなサポートは水モータースポーツに関する地方スポーツ大会に世界選手権ジェットスキーの段階で増殖させた。

小型海洋観光の発展のプロジェクト実施における沿海州の行政の総合的なサポートはウラジオストク自由港の潜在的のも既存の投資家に有利な投資環境を紹介される。また、快適な宿泊施設や旅行やビジネスの場所としてプロジェクトの画像の評価を向上させるとリャブコ連盟会長は言いった。

沿海州は海フォーラムや全ロシア太平洋観光フォーラムなどの専門的な会場で業界の法的規制を改善する問題を提起した。

小型ボートの観光輸送にライセンスを取得する方法についてのセミナーでは沿海州の住民は学べる。セミナーは2017217日、午後2時沿海州管理の会議ホールに行われる。セミナーでは地方政府の代表者や沿海州のツアーオペレーターや観光団体やホテルやレストラン事業の従業員や沿海州の国内観光の分野で他の参加者なども参加される。

海は沿海州への観光客を魅了している。我々は海をリソースとして上手に使用する必要がある。今沿海州には約38000小型ボートを報告した。数ヶ月前にその所有者は輸送の組織にライセンスを取得されなかった。その変更は観光産業の発展に深刻な刺激になり、観光分野での中小企業は影から抜け出すことができるとコンスタンチン・シェスタコフ観光部門のディレクターは言った。

同省によると、セミナーに参加しに215日までにはplachinta_tv@primorsky.ru メールアドレスによる参加者の名前と勤務先と連絡先電話番号とメールアドレスを示すアプリケーションを送信する必要である。イベントの詳細について沿海州の観光省から取得することができる。8 (423) 240-09-01電話番号を連絡してください。