フェスティバル「ウラジオストクの要塞」は8月の最も人気のあるイベントになりました。

2018年9月01日

フェスティバル「ウラジオストクの要塞」は8月の最も人気のあるイベントになりました。

 

フェスティバル「ウラジオストクの要塞」はいくつかの時代と文化を結び、8月に都市の住人や観光客の間で最も人気のあるイベントになりました。

歴史的なフェスティバル「ウラジオストクの要塞」は、8月25日と26日にロシア島の「愛国者」公園と「ウォロシーロフ砲台」博物館と「ウラジオストクの要塞」博物館で開催されました。大規模な気晴らしのためと教育のプログラムがゲストのために開催されました。

フェスティバル中ゲストは、男女が参加した中世の戦いを見て、1918-1922年の内戦の時代に没頭して大国主義戦争の戦場のエピソードの更生を見ることができました。 戦闘の中絶に、観客は矢を撃って鎧を試着し、博覧会で中世と近代的な手作りのお土産を購入し、党派の村の兵士とともに撮影することができました。

フェスティバルの枠内で、「ウラジオストクの要塞」と「ウォロシーロフ砲台」博物館で無料の見学は参加者とフェスティバルのゲストのために行われました。見学は防衛構造の建築の歴史に捧げられました。また、沿海地方の観光情報センターと社会活動家は、ウォロシーロフ砲台で家族援護センターの生徒のために見学を主催しました。沿海地方の観光情報センターの計算によると、ちょうど2日間で5千人以上の人々がフェスティバルを訪れました。