地理的な位置

沿海地方、極東の南端に位置する日本海沿岸にある地方である。南部・東部では、日本海により囲まれ、東部ではハバロフスク地方、西部では中国と北朝鮮との国境を持っている。ロシアと韓国の間の境界線の長さは大きくない。国境は、豆満江の河口からハサン湖のところまで位置している。そこからロシアと中国の国境が始まる。ブラックマウンテンの流域のチャンボシャン山脈の支脈、ウシャゴウ川の綏芬河、ポグラニチニ山脈領域からトゥラ川河口まで位置している。ここで国境はハンカ湖を直線で交差し、この湖から流れているソンガチャ川の河口を通り、ウスリー川に入るところまで川沿いとなっており、ウスリー川河口沿いに沿海地方とハバロフスク地方の境で終わる。沿海地方とハバロフスク地方の間の境は、主にビキン川、ホール川(ウスリー川の右支流)の流域を通り、その後ホール川と日本海に入るサマルガ川流域を通っている。この境の東北部は、サマルガ川、シホテアリニ山脈の東側にあるコプニ、ボッチ、ネリミという小さな川の流域を通っている。

境の東北部は、サマルガ川そしてシホテアリニ山脈の東側から流れるもっと小さな川であるハバロフスク地方で流れるボッチ、ネリミ、その他の川流域を通る。沿海地方は、東側、東南側から太平洋の縁海である日本海に囲まれている。

沿海地方の地理的な位置の特徴は、ロシアが沿海地方の領土を通して世界一大きな国である中国と北朝鮮(約30キロ)と1000キロ以上という国境を持ち、日本海を通して日本、韓国、アジア太平洋地域(ATR)の国々の海上の境界線を持つことである。沿海地方は、ロシアとアジア太平洋地域の国々との国際関係における結合機能、接触機能の役割を果たしている。

沿海地方が国境を持つ国々の間に大きな違いがあり、それは人口と密度、経済・社会発展レベル、自然資源ポテンシャル、文化、政治システムである。そのような隣の国々の大きな違いは、非常に有効であり、多くの国と様々な関係を確立することが出来、その国の達成したことを経済、技術、文化、科学において利用することが可能となる。他方、多くの場合、大きな社会経済的および政治的な違いは、国や地域の間の関係を複雑にさせる。そのような要素は、沿海地方のアジア太平洋地域との様々な関係の発展、海の国境線を含めて国境保護の際、考慮する必要がある。

太平洋への自由アクセス、地政学的位置の特徴、領土の広さと多様性があるため、沿海地方の地理的な位置は非常に有利である。

地方の面積は165900km²であり、それはロシア連邦の面積の約1%(0、97%)となる。沿海地方は、ロシア国内地方の仲で中規模の領域に当たるにもかかわらず、面積ではギリシア(131900km²)、ブルガリア(111000km²)、アイスランド(103000km²)のような国よりかなり大きく、ベルギー、オランダ、デンマーク、スイスの面積を組み合わせても、沿海地方の面積より小さい。

 

  • лидеры
  • Администрация приморского края
  • Раша травел
  • Аудио гид

沿海州へ行ったことがありますか。