• конкурс
  • АТП
  • Администрация приморского края
  • Раша травел
  • Аудио гид
  • топ тип

沿海州へ行ったことがありますか。

沿海地域の首都

ウラジオストク市は、沿海地方そしてロシア極東における一番大きな都市である。それは工業、輸送、科学、文化の中心、ロシアの太平洋沿岸において最大の港である。

ウラジオストクは、1860に作られた。人口は、63万4千人である。

都市人口の47%は、産業、輸送、通信関係である。

ウラジオストクの生産面は、まず漁業と機械業界により代表される。ヴォストックリブフォロドフロート、ダリモレプロダクトの船において何万人の漁師も仕事をしている。漁船、フローティング加工工場は、太平洋のみならずインド洋、北極海においても航行する。ウラジオストクの漁師が取った魚の主要部分(90%)は、海において直接加工される。

海岸における魚の加工は、ウラジオストクの魚加工工場が行っている。工場の製品は、缶詰、クッキー、半製品の形として市民によく知られている。

機械メーカの分野では、ウラジオストクにおいて船舶修理と造船業、器具製作が幅広い代表されるのである。都市の一番古い船舶修理を行う企業は、「ダリザヴォード」である。ウラジオストクの工具製造工場、メタリスト工場、ラジオプリボール工場、イズムルード工場、ヴァリャーグ工場の製品も人気である。

食品の製造は、製菓工場、食肉加工工場、牛乳工場、パンベーキング工場が行っている。建設業界は、鉄筋コンクリート構造物工場、大型パネル住宅建設工場により代表される。合板製造工場、磁器や家具工場の製品も有名である。ウラジオストク産業が生産する製品の総合一覧表は、2500以上の名前を含んでいる。都市の輸送部門は、輸送のすべての種類を含んでいる。ウラジオストクは、世界一長いシベリア鉄道の終点である。ハバロフスク・ウラジオストク道路とロシアの一番長い航空路がここで終わる。

海港は、「市の中心」である。長さ4190メートルの16のバースを持っており、乗客のエリア、サハリン、カムチャッカ、マガダン領域、サハ共和国の北部地域に行くコンテナとバルク貨物の処理を専門にしている。FESCOの船は、海外の船会社のラインのサービスをしている。港は、ガントリークレーンおよびフローティングクレーン、フォークリフト、艦隊、鉄道網により装備されている。商品の増え続ける流れとその性質という状況の中で、ウラジオストクの港において特別な電子計算センターが必要となった。機械のメモリの中に入れた情報があるため、船が港に近づくとき、荷下ろしをするように準備が可能である。

ウラジオストクは、科学的と文化的なのポテンシャルで目立っている。ここに14の学術機関を持つロシア科学アカデミー極東支部が位置している。その中に、地質学的や海洋、生物学・土壌、地理、自動化・マネジメントプロセスその他の学術機関が入っている。科学アカデミーの学者は、海と太平洋鉱石帯の包括的な研究を行っており、土壌の保護と利用、植生、動物相、新薬の科学的なベースを開発しており、地域における経済の統合発展方法の研究を行っている。都市では、他の数多くの研究機関、設計団体が活動している。

ウラジオストクは、学生の町である。ここでは9つの大学が活躍しており、その中の最大の大学は、極東国立総合大学、極東国立工科大学、G.I. ネヴェリスコイ提督記念海洋国立大学、経済・サービス大学等である。都市の大学は、深海専門の船長、医者、教師、技師、研究者、海軍士官、商売の専門家をつくっている。中等教育というと、造船専門学校、水文気象専門学校、エネルギー専門学校、医療、音楽と教育的な専門学校、数多くの職業訓練校がある

他の極東の都市と違って、ロシアの東の端にある最大の港であるウラジオストクのステータスは、一流の文化センターのポジションへの行進を運命づけ、シベリア鉄道の建設は、都市、地域文化発展のテンポに決定的な影響を及ぼした。

市内の文化生活の中で劇場が大きな役割を果たしている。チャンバーシアター、沿海地方アカデミック劇場ゴーリキー、沿海地方フィルハーモニー、サーカス、美術館が活動している。ウラジオストクでは、最も古い地域研究機関であるロシアの地理学会の沿海地方支部がある。地域の自然と歴史は、ハードワークの中で何千の展示品も蓄積した数多くの博物館が研究している。博物館の中で、アルセーニエフ記念国立沿海地方博物館、太平洋艦隊歴史博物館、海洋・漁業博物館が展示品で特に目立っており、水族館もある。都市の近くに、海洋保護区が位置している。

ウラジオストクは、沿海地方の一番大きな歴史的なセンターとなっている。そこには200以上のモニュメントがある。都市の建築様式.には、古いものと新しいものが混ざっている。19世紀後半・20世紀前半の建物は、20世紀後半の建物の隣にある。19世紀後半のロシアの木造建築のランドマークとなった住宅も残っている。過去数十年間、都市開発が大量に行われたにもかかわらず、都市にはいくつかのシングルの歴史的な建造物や完全に残った通りもある。

都市の療養所・リゾートエリアは、全ロシアにおいて意義がある。ここにシベリアと極東の最高のレクリエーションセンターが位置する。「オケアン」という子どものセンター、数多くのレジャーハウス、観光施設が、一年中活動している。

ウラジオストクの誇りは、人々である。戦場、平時において人々が達成した功績のため、都市は何度も記念碑と国家賞を与えられたのである。