• конкурс
  • АТП
  • Администрация приморского края
  • Раша травел
  • Аудио гид
  • топ тип

沿海州へ行ったことがありますか。

沿海地方料理

太平洋海岸において、習慣や伝統が歴史的に形成された沿海地方が位置している。伝統は、生活スタイルだけでなく、ここで住んでいる民族の伝統に直接に依存している原住民の味の好みにも影響を与えている。かなり厳しい気候、太平洋が近いための人々のハードワークは、人々が非常に真剣に自分の栄養を考えるように教えてくれた。

沿海地方料理の一つ目の特徴は、多くの人々の主な職業が海産物の生産である。そのため、ほとんどの伝統的な民族料理の主な成分が魚、いくら、海老、蟹、いくつかののりの種類である。この料理のレシピの特徴は、激しい地域である沿海地方の人々が消費する食品が、十分影響が入っている。食事のときに楽しめるだけではなく、主として健康食品である。

沿海地方料理の二つ目の特徴は、日本の影響を受けたところである。ソ連時代が終わったときから、国境も鉄のカーテンの役割を果たさなくなった。カムチャダール族の中で、和食が徐々に大人気で一位か二位となっている。海産物、新鮮な魚を幅広く使用するサラダ、魚のクイック塩漬け、マリネード、ストロガニーナという料理は、沿海地方の原住民の大好物となった。

シダサラダが極東の伝統的な料理の一つになった。サラダは、体に良くて、ビタミンいっぱいで、いいエネルギーがたっぷりで、味もオリジナルである。「沿海地方から宜しく」というサラダの作り方も興味深い。様々なタルト、カナッペ、いくら、キャビア、海老、ニシン類の小魚使用のミニサンドイッチは、祝いの料理の最高の軽食である。

地域の気候条件を考える、中央ロシアにとって普通であるトマト、キュウリ、イチゴとリンゴのような野菜、果物、ベリーの栽培は、この地域にとって割りと困難であると言及したい。そのため、地方の人は、カボチャ、赤カブ、大根、ラディッシュ、キャベツのような体にいい簡単に作れる野菜を幅広く食事で使用し、体のビタミンのバランスを取る。この野菜は、一年中、原住民の食事に登場する。しかし、地方人が、輸入の果物を全く使用しない、皆が知っている有名なヨーロッパ、ロシア料理を作らないとは言い切れない。

沿海地方の人々が使用する自然の恵みをどのように断るか。例えば、この地方で採れるビタミン倉庫であるキイチゴ属の植物のベリー。地方の人々は、この植物を大好物として食べているだけでなく、様々な漬物、マリネード、サラダ、肉料理、魚料理にも入れている。

レストラン、カフェ、食堂という飲食店では、観光客、沿海地方を訪れる顧客が、ヨーロッパそれともロシア、どこかの国の料理それか沿海地方の宝物であるオリジナル料理でも、最も洗練された味の料理でも見つけることが出来る。

ケータリング所に関する必要な情報は、dv.resto.ruに掲載されている。