電子ビザ

電子ビザの特徴とその発給条件  www.evisa.kdmid.ru

  1. ロシア連邦政府に決定される下記の18カ国の国民はウラジオストク自由港における国境検問所を通じてロシア連邦を入国するための電子ビザが取得できます:
    1. アルジェリア
    2. バーレーン
    3. ブルネイ
    4. インド
    5. イラン
    6. カタール
    7. 中華人民共和国
    8. 朝鮮民主主義人民共和国
    9. クウェート
    10. モロッコ
    11. メキシコ
    12. アラブ首長国連邦
    13. オマーン
    14. サウジアラビア
    15. シンガポール
    16. チュニジア
    17. トルコ
    18. 日本
  2. 電子ビザの発行する際費用が掛かりません。招待状やビザサポートレーターも不要です。申請日から4日間以内に電子ビザが発給されます。
  3. 電子ビザはウラジオストク自由港における次のロシア連邦国境検問所を通じてロシア連邦を出入国するか出国するため有効です:
    • 「ウラジオストク「クネブニチ」」空港検問所;
    • 港湾のチェックポイント «ウラジオストック»、«ザルビノ»、«ペトロパブロフスク カムチャツィキー»、«コルサコフ»、«ポシエット» ;
    • 鉄道のチェックポイント «ポグラニーチヌイ»、«ハサン»、«マハリノ»;
    • 自動車道のチェックポイント «ポルターウカ»、«ツリー ロッグ»。
      
  4. 発給される電子ビザはシングルエントリーで30日間有効となります。連続滞在期間は8日間以内になっております(入国日と出発日を含め)。電子ビザの延長は不可となっております。
  5. 発給可能な電子ビザは一般業務、一般観光、一般人道(スポーツや文化や科学技術関係など)となります。上記の以外の目的であればにロシア連邦の外交使節団または領事機関で通常ビザ申請を行ってください。
  6. 電子ビザでロシア連邦を 国境検問所を通じて入国した外国人は入国した地域の範囲で自由移動権を持っています (特別許可が必要な地域、機関、施設など以外)。
  7. 電子ビザ取得申請書の記入は入国予定日の4~20日間前までに可能(専用サイトにて)。
  8. パスポート有効期限は申請日より6ヶ月間有効なパスポートを所有している必要があります。 出入国のスタンプを押すためスペースがあること。
  9. 入国するお客様は滞在期間中にロシア連邦で有効な保険書が必要となります。
  10. 有効なロシアビザを持っている方は電子ビザ申請不要です。お持ちであるロシアビザで出入国可能です(電子ビザの制限なし)。電子ビザ取得で一般ビザの有効期間の延長不可です。
  11. 電子ビザを発行の為取得申請書を記入する前にすべての個人情報の自動処理、送信、保存を同意する必要があります。
  12. 申請書に記載された情報が十分で正確であること。個人情報など不正確である場合、ビザ取得拒否又はロシア連邦国境検問所における取得されたビザのキャンセルされる能性があります。 
  • evisa
  • гавань
  • Администрация приморского края
  • Раша травел
  • Аудио гид

沿海州へ行ったことがありますか。